犬山環境Talk Live

COP10/3.11~Turning Point~

大災害に見舞われた2011年。
食、エネルギー、安全、
今私たちは暮らしの根底を問われています。
COP10から一年。
自然と、生物と、そして人とが調和する、そんな暮らしへのターニングポイントを迎えています。

◆主催 犬山市
◆協力 犬山商工会議所青年部
(社)犬山青年会議所

犬山商工会議所青年部地方の暮らしが都会をリードする

犬山環境 Talk Live  【犬山市体育館】
13:30開演/15:30終演予定 定員200名
入場無料
************************************************
田中優:
1957年生まれ。環境、平和運動などさまざまなNPO活動に深く関わる。
NPOバンクの立ち上げを行い、環境問題に関する著書も多い。
未来バンク事業組合理事長、日本国際ボランティアセンター理事、ap bank監事などをつとめる。

駒宮博男:
1954年生まれ。
東京大学中退。学生時代は年に120日以上山中で過ごし、登山の海外遠征10回を超える。岐阜県恵那市に在住、経済、環境、エネルギーなどを中心に地域の持続可能性をデザイン。小水力発電の開発なども手がける。
NPO法人地球の未来理事長、NPO法人地域再生機構理事長、NPO法人ぎふNPOセンター理事長。

澁澤寿一:
1952年生まれ。東京農業大学大学院修了。
1980年国際協力事業団専門家としてパラグアイ国立農業試験場に赴任。
帰国後長崎オランダ村、循環型都市「ハウステンボス」役員として企画、建設、運営まで携わる。
現在樹木・環境ネットワーク協会理事長として、日本やアジア各国の環境NGOと地域づくり、人づくりの活動を実践中。全国の高校生100人が「森の名手、名人」をたずねて聞き書きし、発信する「森の聞き書き甲子園」などの事業、森林文化の保全教育、啓発を行っている。

カテゴリー: 環境フェア2011   タグ:   この投稿のパーマリンク

コメントは受け付けていません。